豪州防相が警告、中共の軍事規模と野心を警戒すること

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

 先日、オーストラリアのダットン国防相は記者会見で警告を発した、インド太平洋地域での紛争を回避するために、オーストラリアは中共の軍事規模と野心に警戒する必要があるという。

スーツを着ている男は飛行機のcg 中程度の精度で自動的に生成された説明

 ダットン氏は、世界が第二次世界大戦以来最も厳重な戦略的環境変化に直面し、オーストラリアは再びグローバル戦略競争の中心に位置づけされると指摘した。インド太平洋地域において緊張が高まり続き、新型コロナウイルスの感染拡大は更に情勢の悪化に拍車をかける。

 ダットン氏はさらにこう述べた。中共政府は常にインド太平洋地域及び世界の安定と繁栄を保障する、航行の自由と航路の安全を維持する、また和平交渉を通じて領土問題を解決する等の嘘を言い続けてきた。しかし、事実はまったく逆で、中共政府がとった行動はどれも平和を目的としたものではないことを警戒すべきである。 

 2020年中共の核弾頭の保有数は約200発で、今後10年間で701,000発に達すると予想される。ホバートを含むオーストラリアの主要都市は、全て中共のミサイルの射程内に位置している。

 中共がインド太平洋地域の安全と経済に干渉する野心は非常に明白で、オーストラリアと多くの近隣諸国におき、軍事および経済状況を非常に危険な境地に置かれる恐れがある。そのため、ダットン氏は、国家主権と国際法を保護するため、中共政府に圧力をかけ、更に軍事紛争を避けるため最善を尽くすよう、すべての友好国に協力を呼びかけた。そうでなければ、誤解、誤判断、また敵意が壊滅的な紛争を招くだろうという。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 诺亚
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Leave a Reply

Your email address will not be published.

error

Please help truthPeep spread the word :)