秘訳オンライン:モデナの新CFO、就任後わずか1日で辞任

翻訳:待命(文暁)          

(画像は本記事のリンクによるものです)

モデナの新しい最高財務責任者(CFO)が、前雇用主が開始した財務調査のために、就任後わずか1日で辞任したと、The Gateway Punditが5月13日に報道した。

モデナは2日、新CFOのホルヘ・ゴメスが即刻退社することを発表した。

一方、最近退任した最高財務責任者のデービッド・メリーンは、引き続き最高財務責任者の役割を担いる。また、モデナは、新しいチーフ・ファイナンシャル・オフィサーのサーチを再開した。

今回の発表は、ゴメスの前職であるデンツプライ・シロナ社が、財務報告に関連する内部調査を継続中であることを明らかにした後に行われたと伝えられている。

調査の焦点は、2021年第3四半期および第4四半期にデンツプライが販売代理店に歯科製品を販売するためにインセンティブを使用したかどうか、また、それらのインセンティブが適切に会計処理されていたかどうか、さらに、それらの販売が証券取引委員会に提出する定期報告書に適切に開示されていたかどうか、にあるとのこと。

また、デンツプライは、上級管理職の特定の元メンバーおよび現メンバーが、2021年の役員報酬目標達成のためにインセンティブの使用などを指示したという疑惑を調査している。 デンツプライ社の監査・財務委員会は、調査を支援するために外部の独立した弁護士を起用した。

同社は、調査の期間や結果を予測することはできず、その結果、”過去の財務諸表や2022年3月期第1四半期の財務諸表に対する調査の影響についての評価が確定しておらず、Form 10-Qを適時に提出することができない “と述べている。

ゴメスは退社に伴い、12ヶ月分の給与(総額70万ドル)と12ヶ月分のCOBRA保険を受け取ると報道されている。また、契約ボーナス、転居費用支給の資格、ボーナス支給の資格、最近モデナが4月11日に提出した8-Kファイルで開示した新入社員株式報酬の資格も喪失することになる。

情報源: 【秘翻在线】莫得纳新首席财务官上任仅一天就辞职 – GNEWS

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

Source

Please follow and like us:

Leave a Reply

Your email address will not be published.

error

Please help truthPeep spread the word :)