中国共産党の脅威に対抗 台湾と米国は2回連続の軍事協議開催

翻訳:【日本東京方舟農場】林月清風

(写真はインターネットより)

11月27日「大紀元時報The Epoch Times」の報道によると、中国共産党が地域の安全保障に与える軍事的脅威に対処する台湾の能力を強化するために、台湾と米国は連続して軍事協議を行った。

ワシントンD.C.で11月16日、17日、米台ポルミル対話(US-Taiwan Pol-Mil Dialogue)と国防再検討協議(Defense Review Talks, DRT)が相次いで開催された。 台湾の自衛メカニズムの確立、特に防衛における非対称戦能力の継続的な強化は、今回の対話の焦点の1つであった。

Epoch Timesのインタビューで、台湾の中正大学戦略国際問題研究所の助教授であるLin Yingyou氏は、米中競争を続ける中で、アメリカは中国共産党の軍事力の脅威を目の当たりにし、台湾の防衛力や軍事力を向上させる必要性を認識したと述べた。

参考リンク:https://www.epochtimes.com/b5/21/11/27/n13401504.htm


校正:ReiHaru(黎明)

配信:miumiu

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Leave a Reply

Your email address will not be published.

error

Please help truthPeep spread the word :)