中共対外プロパガンダのイソベルは犬の肉がすき

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 春香

1月21日、GETTR(ゲッター)によると、7年前、VICEの記者兼プロデューサーイソベル・ヤング氏は中共国の玉林犬肉祭で犬肉を食べ、犬肉の味がいいと称賛した。彼女は自分のソーシャルネットワークサービス(SNS)のアカウントで自分は犬肉を食べたいという書き込みも掲載していた。

イソベルの犬肉を食べる動画は、ソーシャルネットワークで中国と外国の世論に大きな怒りを引き起こした。この写真と動画はまるで中国人が彼女のように犬肉を食べるように見えるが、99%の中国人はそのようなことをしない。しかし、彼女は中共が犬肉の許可証を発給する事や、中国人が犬を救っているという事実の報道を一切しなかった。

イソベルは露骨な嘘つきだ。2021年5月18日、郭文貴氏をインタビューする時、彼女は通常ではない動機を明らかにした。12月20日、彼女は意図的にVICEの後処理されたニュースビデオを使って、郭文貴氏と新中国連邦を誹謗中傷した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / Jacky
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Leave a Reply

Your email address will not be published.

error

Please help truthPeep spread the word :)