ミズーリ州の判事、医療従事者へのコロナワクチン接種の義務化大統領令廃止の判決

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 太郎君

11月29日、ミズーリ州東部地区のマシュー・スカルプ判事は、バイデン政権が医療従事者にコロナワクチン接種を義務付ける大統領令を阻止する判決を下した。

これまでに、ミズーリ州のエリック・シュミット州司法長官は、ネブラスカ州、アーカンソー州、カンザス州、アイオワ州など9つの州の司法長官と共同で、医療従事者へのワクチン接種義務化に反対する訴訟を起こしていた。

判決の中でスカルプ判事は、「医療保険と医療支援センターCMS」の規制は、国会の承認を受けておらず、標準的なパブリックコメント期間も設けられていない。同時に、CMSは、ワクチン接種状況が医療施設におけるCOVID19ウイルス(中共ウイルス)の蔓延に直接影響するという有効な証拠を提供していない。同氏は、「CMSは、米国の伝統的な権威を超越しようとしており、連邦政府の命令を要求することで、何百万人もの米国人の私的な医療的決定を支配する行動は、伝統的な連邦主義の概念に挑戦する行為である」と強調した。

11月下旬の時点で、米国の半数以上の州がバイデン政権のワクチン接種義務化に反対する訴訟を起こしている。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

I WILL NOT BE RULED BY A PEDO AND HIS MATES

MANY (ACCUSED) VIP PEDOS IN AUSTRALIA OPEN YoUR EYES PEOPLE)

The Covid-19 Vaccine Kills!

What is going on is a bio weapon heart stopper - the elites call a 'vaccine'

Political prisoner Solange is free AGAIN after BEEN KIDNAPPED twice by self confessed terrorist criminal groups Click HERE for TRUE story

Leave a Reply

Your email address will not be published.

error

Please help truthPeep spread the word :)