チベット人権活動家がIOC本部前で抗議活動

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / Yeti

現地時間11月26日、数人のチベット人権活動家がスイス・ローザンヌのIOC本部前に「1894 to 2021、Boycott Beijing 2022」という文字が書かれた疑似の棺を設置した。これは1894年に設立されたIOCが2021年に死んだことを意味し、北京冬季オリンピックのボイコットを呼びかけたものだ。

フロント, 男, 持つ, 女性 が含まれている画像 自動的に生成された説明

国際人権団体は以前からIOCに人権問題を真剣に考え、北京冬季オリンピックをボイコットするように求めてきたが、IOCは何も変わらず、IOCに対して完全に失望、IOCは死んだ同然との思いから、今後、彼らはIOCに二度と何かを頼むことはないだろうという。

国際人権団体は、2008年のオリンピックと2022年の冬季オリンピックの北京開催に合意したIOCを強く批判している。また、中共当局によるチベット、新疆、香港の人々への組織的な迫害も非難している。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Leave a Reply

Your email address will not be published.

error

Please help truthPeep spread the word :)