スペインの専門家はワクチンパスポートによる中共ウイルス感染率の低減に効果がないと発見

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 太郎君

12月4日、スペインの専門家は、調査結果から、ワクチンパスポートの実施による中共ウイルス感染率の低減に目立った効果が見られなかったと結論づけた。

「スペイン地域間中共ウイルス委員会」によると、ヨーロッパ諸国における「ワクチンパスポート」プログラムの実施状況を調査した結果から、公共の場に出入りする際、「予防接種証明書」の提示を義務付けることは、ウイルスの感染レベルを低下させるのに効果が見られなかった。当該報告書によると、ワクチンパスポートを実行しているヨーロッパ諸国において、患者数がかえって大幅に増加していると指摘された。また、ワクチンパスポートは、予防接種を受けた人が感染しないという錯覚を引き起こしたと結論づけている。実際に、ワクチンを接種した人の約40%が、ウイルスに簡単に感染されたり、拡散したりしていると言う。

一方、イギリスの専門家によると、スペイン政府の調査結果は、イギリス政府が発見した事実と似ている。即ち、ワクチンパスポートがかえってその国における中共ウイルスの感染率を高めている可能性があるという。ウェールズ政府は、ワクチンパスポートを導入したにもかかわらず、それなりに機能している証拠が見られなかったという。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 夏目&山竹
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 定于二尊
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Leave a Reply

Your email address will not be published.

error

Please help truthPeep spread the word :)